webマーケティング未経験者が利用したいおすすめの転職エージェント5選!

2022.6.17
マーケティング職への転職が未経験の方へ
 
マーケティング職への転職に役立つサイト
 

現代のビジネスに欠かせないwebマーケティングは転職市場でのニーズが高く、また、将来性も期待されることから経験者はもちろん、未経験者にも人気の職種です。

webマーケティング職への転職は、無数に求人が見つかります。

興味のある求人を探すだけでも多くの時間が掛かるため、希望に近い求人をピックアップし、転職サポートをしてくれる転職エージェントの利用がおすすめです。

この記事では、webマーケティングにおすすめの転職エージェントをご紹介します。

参考サイト:マネたまおすすめの転職エージェント|マネたま転職

webマーケティングは未経験には厳しいってホント?

未経験だと難しいと言われる理由

求人が多いにも関わらず、webマーケティングは未経験では難しいという声があります。

webマーケティングは、専門スキル以外にもプレゼンテーション能力やコミュニケーション能力など、さまざまなスキルが必要であること、また、人気職種のため、優良求人は競争率が高くなることが未経験者が厳しいとされる理由です。

webマーケティングは未経験歓迎求人も多い

未経験者には厳しいとされるwebマーケティングですが、比較的新しい職種のため、需要に対して人材が足りていないという現状に加え、webマーケティングは、現代においてビジネスの発展に欠かせない職種であることから、求人も増加傾向にあり、転職エージェントや求人サイトでも未経験歓迎の求人が多数見つかります。

未経験者歓迎求人が豊富にあるwebマーケティングは、キャリアチェンジを検討している求職者にもおすすめの職種です。

未経験者は中小企業の求人が狙い目

先にも記した通り、大企業をはじめとする有名企業の求人は競争率が高いです。

経験者であればキャリアアップに最適な求人も見つけやすいですが、webマーケティング未経験者が、そういった企業の求人で内定を獲得することは難しいと言えます。

そこでおすすめしたいのが中小企業やベンチャー企業の求人です。

大企業や有名企業よりも競争率が低く、かつ、未経験者歓迎の求人も充実しています。

転職エージェントを利用をおすすめする理由

キャリアアドバイザーが転職活動を徹底サポート

転職活動は、求人を探すことから始まります。

その後、提出書類を用意したり、企業とのメッセージのやり取りをしたりと、働きながら1人で転職活動を進めるのは非常に困難です。

しかし、転職エージェントを利用すれば、転職活動をスムーズに進めることができます。

転職エージェントの利用をおすすめする一番の理由がキャリアアドバイザーの存在です。

転職活動のプロが求人選びや書類作成、面接のサポートをしてくれます。

転職エージェントが提供する主なサポート
・キャリアアドバイザーへの相談・希望に合った求人の案内・非公開求人情報の提案・企業への「推薦状」の送付・面接対策・必要書類の添削・面接の日程調整や書類の送付・企業との条件交渉

上記に加え、転職エージェントによっては、オンラインツールの提供やセミナー、イベントの開催など、独自のサービスを展開しています。

非公開求人が得られるのは転職エージェントだけ!

非公開求人とは
”求める人材を効率良く採用したい”、”まだ公表していない事業に適した人材を募集している”などの理由で、企業が転職エージェントに非公開で依頼している求人のこと。

非公開求人は、転職エージェントでしか得ることができない情報です。

優良条件で転職をしたい方や、やりがいのある仕事を求めている人にとって、非公開求人を得られる転職エージェントを利用することは、非常に大きなメリットと言えます。

転職市場でニーズがあるwebマーケティングなら、非公開求人は必ず得たい情報です。

参考:IT・Webエンジニアにおすすめの転職エージェント11選!未経験向けも紹介

webマーケティング未経験者におすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

出典:リクルートエージェント

転職サイトタイプ転職エージェント
エリア全国・海外
おすすめポイント・業界最多の求人保有数・業界ごとに専任のキャリアアドバイザーが在籍・オンラインツール『職務経歴書エディター』が便利・一部の条件、業界に関しては専用サービスを設置
公開求人情報170,672件(webマーケティング:1,902件)
非公開求人情報226,635件
サポート期間3ヶ月

(2022年3月4日現在)

厚生労働省「人材サービス総合サイト」で転職支援実績No.1を獲得したリクルートエージェントは、業界最多を誇る圧倒的な求人数でwebマーケティング未経験者に最適な求人をピックアップしてくれます。

2022年3月4日現在、webマーケティングは1,902件、そのうち、未経験者歓迎と公表している求人は208件もあり、さまざまな企業の求人を比較することが可能です。

必ず使いたい『職務経歴書エディター』

出典:リクルートエージェント

企業への提出書類のうち、作成が難しいとされるのが職務経歴書です。

リクルートエージェントでは、項目に入力するだけで職務経歴書が簡単に作成できるオンラインツール『職務経歴書エディター』を一般公開しています。

職務経歴書エディターは、スマートフォンやタブレットから操作が可能です。

リクルートエージェント利用者であれば途中保存もできます。

マイペースに職務経歴書を作りたい方や隙間時間を有効利用したい方にもおすすめです。

リクルートエージェントの口コミ|メリット・デメリット

メリット
転職エージェントって大量にあるけど、何が違うんですか?ってよく聞かれる。違いがあるとしたら、持ってる求人の量。最強はリクルートエージェント。ちなみに、中小の転職エージェントだと大差がない。なぜなら、みんなで求人をシェアしてるからね。不動産屋と同じ。
出典:Twitter
リクルートエージェント、35歳だったけど話聞いて自分に合う求人色々紹介してくれたし、履歴書とか職務経歴書の添削してくれて書類はバカスカ通ったし、面接ポイントのアドバイスとかもしてくれて内定もすぐ出たので俺はお勧めしておく
出典:Twitter

リクルートエージェントは保有する求人数が他社を圧倒しています。

さまざまな可能性から転職先を選べる点は、利用者からも非常に評判が良いです。

また、転職実績No.1の実績からも分かるように、サポート力にも期待ができます。

リクルートエージェントには、業界ごとに専任のキャリアアドバイザーが在籍しており、専門職であるwebマーケティングの転職にも安心です。

デメリット
私が登録したリクルートエージェントってとこだと登録してからサポートしてくれるのは3ヶ月間って期間があるから同じようなところであれば転職始める直前に登録しなおすとちょうどいいかもしれないですね〜
出典:Twitter

一方、デメリットはサポート期間が設けられていることとメール・電話の多さです。

転職活動の期間は3ヶ月~6ヶ月が目安とされています。

そのため、多くの転職エージェントはサポート期間を3ヶ月程度に設定しているため、転職時期を明確にしないままの利用は避けた方が懸命です。

doda( デューダ )

出典:doda

タイプ転職エージェント・求人サイト
エリア全国・海外
おすすめポイント・求人情報の更新曜日が決まっている・IT業界に強い・オンラインツールやコンテンツが充実・国内最大級の転職フェアを開催
公開求人情報126,389件(webマーケティング:1,678件)
非公開求人情報37,867件
サポート期間3ヶ月

(2022年3月4日現在)

転職者満足度で1位を獲得しているdodaは、IT業界を中心にあらゆる業種・職種の求人を扱っている、メディアでもお馴染みの転職エージェントです。

dodaは職務経歴書を作成できたり、市場価値を調べたりできるオンラインツールやコンテンツを充実させており、あらゆる側面から転職活動をサポートしています。

多くのサービスの中でも、特に利用をおすすめしたいのが転職フェアです。

国内最大級の転職フェアを定期的に開催

出典:doda

フェア内容
doda転職フェア・国内最大級の転職フェア・全国の主要都市で定期的に開催・担当者が希望に近いおすすめの企業を教えてくれる
doda転職フェアセレクト・開催毎にテーマとなる業種・職種がある・出店企業全社が1分の自社プレゼンを実施している
doda転職フェアオンライン・全ての工程がオンラインで完結する。・参加者と企業の双方がアプローチできる・複数日開催のため、参加しやすい。

dodaの転職フェアは、面接以外で企業と接触できる貴重なイベントです。

その場で面接の約束を取れるケースもあります。

「doda転職フェア セレクト」「doda転職フェア オンライン」は事前予約が必要ですが、「doda転職フェア」は当日参加が可能です。

スケジュールに空きがあれば、参加をおすすめします。

dodaの口コミ|メリット・デメリット

メリット
DODAに登録してたけどいつも見ててぱっとしないなぁ…って思っていたんだが、たまたま見たらこんなに自分の中でマッチングする求人があるとは思わなかった! そして、応募した瞬間にDODA担当者の方から電話がくる。これはもういくしかない!! 
出典:Twitter

利用者からの評価が高い『マッチング成立』は、dodaならではのマッチング機能です。

『気になるリスト(=ブックマーク)』に登録した求人の歓迎条件とマッチしている場合に、お知らせをして応募を前向きに検討させてくれます。

デメリット
めちゃめちゃ今更の中の今更なんですがDODAって色んな名前のキャリアアドバイザーの方からそれぞれメールが届きまくるけど、あれどういう仕組みなんですか?DODAの社員同士でキャンディデイトを奪い合っているということで合ってます?
出典:Twitter

dodaのデメリットとなるのがメールの多さです。

メールが煩わしく感じたら、マイページから設定変更をすることで『プレミアムオファー』を除き、大半のメールを配信停止することができます。

出典:doda|プレミアムオファーとは?

『プレミアムオファー』は、企業が直接話をしたいと考えているdoda利用者に送るオファーのことで、内定率も高いとされている重要なものです。

ワークポート

出典:ワークポート

転職サイトタイプ転職エージェント
エリア全国・海外
おすすめのポイント・20代~30代のITエンジニア未経験者を支援・無料スクールに通いながら転職活動ができる・提出書類が作れるWEBサービス『レジュメ』を提供
公開求人情報51,778件(webマーケティング:1,441件)
非公開求人情報非公開
サポート期間無期限

(2022年3月4現在)

ワークポートは、IT・WEB・ゲーム業界やクリエイティブ系など、人気があるものの探すのが難しい業種・職種の求人が充実している転職エージェントです。

特にITエンジニアへの転職には力を入れており、完全未経験者向けの無料エンジニアスクール『みんスク』も運営していることから、若手を中心に注目されています。

2021年には、リクナビNEXT『GOOD AGENT RANKING ~2021年度上半期~』にて、『転職決定人数部門 第1位』を獲得しました。

未経験歓迎~ハイクラス案件まで、有名企業の求人を多数保有しています。

キャリアアドバイザーとチャットで連絡できる

出典:ワークポート|無料転職活動支援アプリ「eコンシェル」

ワークポートは、「eコンシェル」と「レジュメ」という2つのスマートフォン向けアプリをリリースしています。

『eコンシェル』でできること『レジュメ』でできること
・面接スケジュールの表示・選考中企業の最新情報の表示・紹介された求人の一覧・紹介された求人への応募、辞退通知
・選考状況の確認・企業WEBサイトへのリンク
・求人票の閲覧
・求人検索
・求人のブックマーク
・条件に合致した求人の紹介
・転職コンシェルジュとのチャット
・履歴書の作成・職務経歴書の作成・履歴書と職務経歴書のPDF出力、印刷・履歴書と職務経歴書のメール添付・ワークポートの転職相談サービスとの連携

2つのアプリを使うことで、気軽に求人の閲覧や検索、担当者への連絡ができる他、企業への提出書類作成もできます。

ワークポートの口コミ|メリット・デメリット

メリット
本日の積み上げ
✅プログラミング 2h✅転職の諸々 1h✅ランニング0.5h
IT系の未経験転職なら「ワークポート」っていうのは有名だけど
嘘だと思うならいくつか登録して他のと比較してみて欲しい使ってみたらわかるけどダントツでいい求人持ってるので絶対使った方がいい!
出典:Twitter
ワークポート担当さんめっちゃ熱心に対応してくれる。ありがたい。本当今進んでるところで内定欲しい。最終面接日にスクールの講師一同応援してますってLINEもくれたし、社会人なってからこんな背中押して送り出される事ないから感動してる。
出典:Twitter

未経験者歓迎の優良求人を多数保有していることに加え、担当者やみんスクのスタッフが親切だったという口コミが非常に多いです。

デメリット
また夜に3社応募希望した。今日は求人票吟味しただけで終わってしまった🙄東京で就職しようと思ってるからいくつか候補あるけど、地方だとほんと求人ないですね。試しにワークポートで北海道のwebデザイナー求人検索したら5件。。マイナビクリエイターにいたっては勤務地の選択欄にないからなぁ。笑
出典:Twitter

近年、地方の求人も増えつつあるワークポートですが、関東エリアと関西エリアの求人がその他のエリアよりも多くなっています。

求人エリア公開求人数
北海道・東北エリア2,866件
関東エリア26,692件
甲信越・北陸エリア1,154件
東海エリア4,293件
関西エリア8,690件
中国・四国エリア3,503件
九州・沖縄エリア4,540件
海外19件

(2022年3月4日現在)

マイナビITエージェント

出典:マイナビITエージェント

転職サイトタイプ転職エージェント
エリア全国・海外
おすすめのポイント・経験者と未経験者どちらにも対応・年収1,000万円越えのハイクラス案件も多い・20~30代向け、40代~の経験者向け案件をバランスよく保有
公開求人情報34,878件(webマーケティング:404件)
非公開求人情報34,142件(webマーケティング:312件)
サポート期間無期限

(2022年3月4日現在)

マイナビITエージェントは、20~40代を対象にIT・WEB業界への転職をサポートしている転職エージェントサービスです。

20代と30代であれば未経験歓迎の求人も多数見つかります。

IT・WEB業界以外の余計な情報が入らないのもおすすめする理由です。

また、マイナビITエージェントはサポート期間を設けていないので、じっくりと転職先を探したい方はもちろん、転職時期が明確ではない方にも利用しやすいと言えます。

IT・WEB業界に関するセミナーが充実している

出典:マイナビITエージェント

未経験でwebマーケティング職に転職するなら、セミナーへの参加がおすすめです。

セミナーは東京と大阪で随時開催されており、業界の動向や職種に関すること、転職活動で知っておきたい情報などを得ることができます。

マイナビITエージェントの口コミ|メリット・デメリット

メリット
マイナビITエージェントオススメだわ
ギークリーはクソかな書類通らなさすぎる
マイナビから営業の人がギークリーで落ちた会社から面接のオファー貰えたしポートフォリオもちゃんと見てくれてここはこういう会社だから別の企画書作ってみましょう!って言ってくれてやる気出てる
出典:Twitter

マイナビITエージェントに在籍しているキャリアアドバイザーは、全員がIT・WEB業界に精通しているため、未経験者〜経験者までしっかりとサポートしてくれます。

企業に合わせて対策を立ててくれる点は、サポートの質が良い評判です。

デメリット
マイナビITエージェントから「マッチする会社ありません」って言われたんですよねぇ笑
そうなんですか!!(謎に湧いてくる仲間意識w)ありがとうございます!お互い頑張っていきましょ
出典:Twitter

マイナビITエージェントは、関東エリアに求人が集中しています。

そのため、地方エリアで「webマーケティング・未経験」で仕事を探している方は、タイミングによっては、求人を紹介してもらえない可能性が高いです。

エリア公開求人数非公開求人数
関東エリア22,955件20,062件
関西エリア5,464件4,646件
東海エリア3,851件1,580件
北海道・東北エリア1,473件900件
甲信越エリア700件214件
北陸エリア499件226件
中国・四国エリア1,207件648件
九州・沖縄エリア2,087件1,018件
海外118件54件

(2022年3月4日現在)

保有している求人の大半が関東エリアに集中していることが分かります。

関東エリア以外で転職を希望している方は、登録前にホームページで公開求人をチェックするのがおすすめです。

ウズキャリ

出典:ウズキャリ

転職サイトタイプ転職エージェント
エリア東京・名古屋・大阪・福岡
おすすめのポイント・ブラック企業を排除している・IT系ベンチャー企業の求人が多い・自宅からオンラインでサポートを受けられる
公開求人情報非公開
非公開求人情報非公開
サポート期間無期限

(2022年3月4日現在)

20代の第二新卒や既卒者の就職・転職サポートに特化しているウズキャリは、IT系ベンチャー企業の求人を中心に扱っています。

未経験者歓迎の求人がメインとなっているため、キャリアチェンジにもおすすめです。

ブラック企業を完全排除!

出典:ウズキャリ

紹介している求人は、全てウズキャリの担当者が取材を実施した企業のものです。

パワハラや求人情報との差異をチェックし、ウズキャリの基準を満たした安心企業のみと取引をすることで、ブラック企業完全排除を可能にしています。

ウズキャリの口コミ|メリット・デメリット

メリット
どのエージェントでも甘い甘い叩かれていたけど、久しぶりに肯定的な人に会って癒やされた。自分を否定されるのを拒否するわけではないけど、悩みを軽視したり人間性に疑問を感じる人が多いなか温かい対応されただけで、私はウズキャリ好きになりました。
出典:Twitter

ウズキャリのキャリアアドバイザーは、全員が第二新卒・既卒の出身です。

フリーターやニートの気持ちを理解しており、就職や転職の難しさも分かっていることから、親身になってサポートしてくれます。

サポートに費やす時間は1人当たり10時間以上と、他社と比較しても圧倒的です。

デメリット
ハタラクティブの2ch/5chでの評判「エージェントは複数利用した方がいいって聴いたけどどうなんだろうか?まぁ活用すると言ったらハタラクティブか就職shopくらいかウズキャリはIT系ばっか押してくるって言うしジェイックはやばそうだし…」
出典:Twitter

IT系ベンチャー企業の求人がメインのウズキャリでは、その他の業種に関する求人を得る目的での利用には不向きです。

まとめ

webマーケティング未経験での転職におすすめの転職エージェントをご紹介しました。

転職市場でニーズが高いwebマーケティングは、需要に反して人材が足りていないため、未経験者を採用して自社で育てる方向にシフトしている企業が増加中です。

転職エージェントを利用すれば、短期間で転職が実現する可能性がアップします。

日刊ゲンダイセレクトで紹介されているおすすめ転職エージェントもおすすめです。
転職エージェントのSEOとしてもかなり工夫されているので見てみることをおすすめします。
また、「【2022年最新】おすすめの転職エージェントを年齢・業界別に徹底解説!」という記事が特におすすめでした。
webマーケティングの中のひとつにこのようなSEOを意識したコンテンツがあげられますが、マーケターでの転職を考えている人は見ておいてもいいかもしれません。

最後に変わった転職エージェントで昼職転職パークという転職エージェントを紹介します。
夜職から昼職の転職を支援する日本最大の転職エージェントの一つです。
昼職転職パークは近年急上昇しているエージェントで、夜職から昼職専門であるにもかかわらず昼職からの応募も多数あります。いちおしの転職エージェントです。

参考サイト:プロが解説!暮らしの知っトク情報NAVI カンテレ〜おすすめ転職エージェント編〜

ちなみに冒頭で紹介したマネたま転職というサイトは下記に掲載されていたので信頼できそうです。

47NEWS

exciteニュース

Infoseekニュース

株式会社共同通信社

共同通信デジタル

徳島新聞

AGARA紀伊民報

デーリー東北デジタル

MIYANICHI e PRESS(宮崎日日新聞)

SankeiBiz

SHIKOKU NEWS(四国新聞)

CNET Japan

ZDNET Japan

RBB TODAY

朝日新聞デジタル&M

MANTANWEB

下野新聞SOON

プレみや(宮崎日日新聞)

AFPBB News

Jタウンネット 東京都

ジョルダンソクラニュース

福井新聞ONLINE

毎日新聞

京都新聞

河北新報 ONLINE NEWS

ZAKZAK by夕刊フジ

SANSPO.COM(サンスポ)

みんゆうNet(福島民友新聞)

沖縄タイムスプラス

高知新聞

週刊女性PRIME

新潟日報モア

千葉日報オンライン

秋田魁新報電子版

茨城新聞クロスアイ

伊勢新聞

週刊エコノミスト

どうしん電子版(北海道新聞)

毎日スタイル

労働新聞社

北國新聞

富山新聞