リクルートダイレクトスカウトは費用がかかる?バレる評判があるけど仕組みはどうなの?

2023.1.17
マーケティング職への転職に役立つサイト
 
大手企業のマーケティング職へ転職したい方へ
 

リクルートダイレクトスカウトは、人気のスカウト型ハイクラス転職サイトです。

多くの利用者を抱えていますが、評判を見てみると「会社にバレる」という悪い評判や、費用や仕組みが分からないという声があります。

「バレる」という評判は、利用を検討している人にとって気になるところです。

本記事では、リクルートダイレクトスカウトの評判から、サービスの仕組みや費用、バレることなく利用する方法について解説します。

リクルートダイレクトスカウトの仕組み|費用は掛かる?

リクルートダイレクトスカウトは、同サービスに登録しているヘッドハンターが、求職者のレジュメを見てスカウトを送る仕組みとなっています。

費用は無料です。

求職者に費用が掛からないのは、ビジネスモデルに理由があります。

転職サイトのビジネスモデル
求職者を企業に紹介することで、転職先企業から成果報酬を得ています。サービス利用者に費用を請求することはないです。

求職者の転職先企業から成果報酬を得られるのは、マッチング率の高い人材を紹介することが、企業の採用業務に貢献しているためです。

リクルートダイレクトスカウトは、企業やヘッドハンターからの成果報酬によって利益を得ているため、費用を掛けずに利用できる仕組みとなっています。

転職活動は何かとお金が掛かるものです。

リクルートダイレクトスカウトは費用が掛からない仕組みが構築されているので、ハイクラス転職を目指す人は、登録しておくと良いかと思います。

リクルートダイレクトスカウトの仕組みや費用は?スカウトを待つだけ?

リクルートダイレクトスカウトの登録は会社にバレる?

転職活動が会社にバレると、会社に居づらくなったり、責任ある仕事を任せてもらえなくなったりする恐れがあります。

そのため、会社にバレる心配のある転職サイトを避ける方は多いです。

リクルートダイレクトスカウトの評判には、「会社にバレる」というものがありました。

ここでは、なぜバレるという評判があるのか、そして、バレることなく利用する方法について解説していきます。

リクルートダイレクトスカウトの利用はバレる心配なし!?特徴や評判を解説

リクルートダイレクトスカウトに「バレる」という評判がある理由

リクルートダイレクトスカウトに限らず、スカウト型の転職サイトには必ず「会社にバレる」という口コミ・評判があります。

こういった評判は、レジュメ(職務経歴書)を登録することから言われるものです。

転職サイトに登録するレジュメは匿名で公開されます。

レジュメが匿名なので基本的には「ばれる」ことはない

リクルートダイレクトスカウトに登録した時点では、匿名なので基本的にばれることはありません。

しかし、一定の配慮はされているものの、会社の人事担当が閲覧したレジュメから「自社の社員だ」と気付く可能性はあるので注意は必要です。

万が一に備えて、リクルートダイレクトスカウトにばれる可能性をゼロにすることは可能なので、その対策について解説していきます。

引用:ヘルプ – リクルートダイレクトスカウト

特定の企業をブロックしよう

リクルートダイレクトスカウトは、レジュメをしっかりと作り込まないと、スカウト率は悪くなる仕組みとなっています。

スカウト率を損なうことなく、バレる心配を無くすなら「企業ブロック」は必須です。

企業ブロックを設定をすれば、リクルートダイレクトスカウトに登録したレジュメを閲覧されることはなくなります。

最大で10社のブロックが可能です。

企業ブロックは、在籍している会社だけでなく、取引先や関連会社もブロックしておくことをおすすめします。

リクルートダイレクトスカウトを使うと会社にバレる?バレずに転職を進める裏技

リクルートダイレクトスカウトの口コミ・評判

リクルートダイレクトスカウトの仕組みや費用などを解説しました。

続いて、同サービスの評判を紹介していきます。

リクルートダイレクトスカウトの良い口コミ・評判

高年収の求人が多い

リクルートダイレクトスカウトに登録してみた。求人のジョブディスクリプションがこれまでになく詳細で申し込みやすい。そして流石にお賃金が良い。
出典:Twitter

リクルートダイレクトスカウトの求人は年収300万円〜となっています。

中でも注目したいのがハイクラス求人です。

年収800万円〜ハイクラス求人は、業界トップクラスの保有数を誇ります。

年収掲載求人数
300~750万円197,030件
800万円~62,834件

(2022年12月16日現在)

年齢を問わず、キャリアアップに最適な求人が揃っています。

ヘッドハンターとコンタクトが取れる

さて、履歴書と職務経歴書の大枠はできた。あとはそれを掘り下げてメモ作っておこう。それが出来たらヘッドハンターさんと面談だな。リクルートダイレクトスカウトありがとう(まだ何も決まっていないが案件紹介だけで既にありがたい)
出典:Twitter

レジュメを登録するだけでヘッドハンターからスカウトが届くのが、リクルートダイレクトスカウトの使いやすいところです。

マッチング率の良さも評判で、多くの口コミが投稿されています。

転職活動を積極的に進めたい方は、求人検索で興味のある求人を保有しているヘッドハンターに直接メッセージを送ったり、ヘッドハンター検索を利用することも可能です。

最近CMでリクルートダイレクトスカウト頻繁に広告出してるから登録してみたけど、すごい仕組みだね。そのまま転職活動する人も多そう
出典:Twitter

求職者が自身の考えに合わせて利用できる仕組みは、使いやすいと高評価を得ています。

【仕組みを解説】リクルートダイレクトスカウトを会社にばれることなく利用する方法とは

リクルートダイレクトスカウトの悪い口コミ・評判

スカウトメッセージが多すぎる

リクルートダイレクトスカウト、キャリアカーバーの時代から登録したままにしてあるけど、最近になって急にリクナビ化したというか、条件と異なる数打ちゃ当たる的なスカウトが大量に来るようになってうんざり。
出典:Twitter

悪い評判で多いのが、「スカウトが多すぎる」というものです。

多すぎるスカウトメッセージは、ストレスの原因となります。

スカウトを減らすのに効果的な方法は、以下の2つです。

スカウトを減らす方法
・希望条件を見直す・配信設定を最適化する

希望条件のハードルが低いと、必要以上にスカウトが来ます。

レジュメに入力する「希望条件」欄を見直すことで、改善可能です。

ただし、経験・スキルと希望条件がミスマッチしていると、スカウト率は下がります。

状況を見ながら希望条件を変更すると良いです。

希望する求人と出会える可能性も高まります。

公式サイトの会員ページから、ヘッドハンターからのスカウトを停止するのも手です。

スカウトを停止すると、ヘッドハンターとの出会う機会は減ります。

しかし、じっくりと希望する転職先を見つけたいという方にはおすすめです。

企業からのオファーが少ない

仕事が暇だから前々から興味のあった、リクルートダイレクトスカウトに登録してみた企業の採用担当から直接オファーが来るかと思えば、エージェントと求職者のマッチング…業界最大手のダイレクト求人サービスの登場に期待してただけに残念
出典:Twitter

リクルートダイレクトスカウトは、ヘッドハンターによるスカウトが主体となっています。

企業からのオファーは少ないです。

2022年11月16日より、GOLDスカウトが始まりました。

GOLDスカウトは、企業が面談 / 面接したいと思う求職者に対して送るオファーです。

企業向けのスカウトサービスが始まったことにより、今後は企業スカウトも活発になることが期待できます。

とは言え、現状では企業からのオファーが少ないという評判が正しいのが現状です。

リクルートダイレクトスカウトのスカウトの種類

求職者に送信されるスカウトの種類は、以下の4つです。

通常スカウト転職サイトに見られる一般的なスカウトです。テンプレートメッセージが多い傾向にあります。
一発入魂スカウトヘッドハンターから非公開求人を紹介してもらえるスカウトです。市場価値が高いと判断された求職者に対して送信されます。
Fit Hunterスカウト求職者の希望する仕事と得意分野がマッチングしているヘッドハンターを紹介するスカウトです。
GOLDスカウト企業が直接話してみたいと思った求職者に送信するスカウトで、面談 / 面接が確約されています。

悪い評判の原因となっているのが、「通常スカウト」です。

多くの求職者に送られるテンプレート・メッセージが多く、重要性は低いと言えます。

多すぎる場合は、レジュメに登録した希望条件を見直すと良いです。

「企業からのオファーだけでいい」という方は、公式サイト会員ページから配信設定を変更すれば、ヘッドハンターからのスカウトのみを停止できます。

配信設定を個別に変更できる仕組みがあるのは、利用者にとって嬉しいポイントです。

リクルートダイレクトスカウトの仕組み、特徴を徹底解説!登録・退会方法もご紹介

まとめ|評判や費用を気にせず利用するのがおすすめ

リクルートダイレクトスカウトには、良い評判と悪い評判の両方があります。

悪い評判の原因であるスカウトの多さに関しては、スカウト配信設定の変更や希望条件の見直しによって対処可能です。

同様に、「会社にバレる」という評判も、企業ブロック機能で対応できます。

リクルートダイレクトスカウトに登録したら、最初にスカウト配信設定と企業ブロックの設定をすると良いです。

”登録したらスカウトを待つだけ”という仕組みがウリのリクルートダイレクトスカウトは、転職サイト・転職エージェントとの併用にもおすすめです。

費用は掛からないので、登録だけでもしておけば、転職の可能性が広がります。

リクルートダイレクトスカウトの評判は悪い?口コミから特徴と登録がバレるのか?を解説